会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home イベント 学生シンポジウム 第11回 全国エコツーリズム学生シンポジウム発表者募集のお知らせ
文字サイズ 小 中 大


第11回 全国エコツーリズム学生シンポジウム発表者募集!

 

主催:第11回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会

協賛日本航空株式会社

 

【日  時】2019年 12月8日(日)

【会  場】立教大学 池袋キャンパス7号館

【参加費】学生無料・一般1000円

 

 

テーマエコツーリズムの可能性

 持続可能な観光の代表例であるエコツーリズムは、

地域の持続可能な発展に 貢献できる産業として、日本はもちろん、世界中で

取り入れられています。 自然をはじめ、最近では歴史文化や暮らしなどに着

目し、地域の特色を活かしたエコツーリズムが増えてきました。

一方で、観光公害も起こしうる発展途中なものであり、スタイルもさまざま。

正解を一つに定められない大きな可能性を秘めたものです。

私たちの現在・未来に、そして、みんなの日本に世界に、 エコツーリズムで

地球の未来をつくるために、「エコツーリズムの可能性」をどのように広げて

いこうか、一緒に考えてみませんか。

 

基調講演ブラッド・トウル氏

    (田辺市熊野ツーリズムビューロー(国際観光推進員)

和歌山県での英語指導助手、北海道でのスキーインストラクター、ロッキー山脈

の登山ガイド、愛地球博カナダ館でのホスティングスタッフなど、さまざまな経

験を経て、2006年から和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューロー(国際観光推

進員)で、ネィティブとしての語学力や感性を活かして働いている。日本で働く

ことを選んだ理由や今の仕事への思い、地域の資源を活かした着地型観光の魅力

や可能性についてお話いただきます。

 

 

■開催概要

【日  時】2019年 12月8日(日)

【会  場】立教大学 池袋キャンパス7号館

【参加費】学生無料・一般1000円

 

■プログラム

09:30 開場・受付
10:00 開会・基調講演
       学生研究発表 第一部
13:15 ポスターセッション
      学生研究発表 第二部
      ワークショップ
17:00 閉会予定  

 

■発表者募集中

エコツーリズムにまつわる調査・研究の発表者を募集します。

ゼミやサークル、個人研究など論文としてまだまとまっていなくても結構です。

門戸広く、ユニークな研究をお待ちしています!

 

発表のキーワード例

環境保全・生物多様性

サスティナブルツーリズム・コミュニティベースドツーリズム

国立公園・モニタリング

環境教育・地域振興・震災復興

インバウンド・ホスピタリティ

国際協力・観光振興…etc

 

■申込資格

今回のテーマである「エコツーリズムの可能性」についての調査・研究の発表を

募集します。大学・専門学校等、学生であること。 留学生や海外で学んでいる学

生の発表も大歓迎です。

 

■申込方法

こちらをご参照ください

 

■申込締切

9月30日 (月) 必着

 

■交通費

研究発表者に限り国内の実費交通費は主催者が負担します。

( ポスターセッションは自己負担でお願いしております)

※研究発表部門に応募された方でも、

ポスターセッション部門になる可能性がありますので、 ご了承ください。 発表形

態については10月10日前後に連絡します。 なお、応募件数が多い場合は選考を

経て発表者を 決定します。ご了承ください。

 

 

 

 

 
ページトップへ