カレンダー

<< 2015年4月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内) 今年もムササビ産まれました!(長野県)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

今年もムササビ産まれました!(長野県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年04月07日| (株)ピッキオ

ピッキオでは、3月から11月まで、
毎日、「空飛ぶムササビウォッチング」を開催していますが、
ツアーのためには、毎朝のムササビチェックは欠かせません。

昨年は、98.1%の確率でムササビを観察することができましたが、
その確率を維持するために、
毎朝ツアー担当スタッフは、その日のムササビの巣の利用状況を調査しています。

そして、何やら怪しい動きのある巣がありました。
くるっと丸まっているムササビの下に黒いものが「モゾモゾ」。

「これは、ひょっとして!」

夜行性であるムササビは、
通常、夕方に巣から森の中へと出かけていきます。
赤ちゃんを産んだお母さんムササビも同じように出かけることが多く、
その間は、子供らは巣の中でお留守番です。


ツアーを終えたあと、こっそり調べにいきました。

nagano picchio 20150407 01

巣の中の映像です。

なんだか良くわからないので、丸をつけてみました。

nagano picchio 20150407 02

黒い「おはぎ」が2つ!

ムササビは、大人になると毛の色が薄い茶色になりますが、

nagano picchio 20150407 03
大人のムササビ

産まれたての子供は、黒い色をしています。
そして、私はいつも「この黒い物体」が「おはぎ」に見えて仕方がないのです。
大きさといい、黒さといい、まさに「おはぎ」。

今年も、ピッキオのご近所さんのムササビの巣で、
無事に2頭の「おはぎ」が産まれました!
すくすくと育って欲しいと思います!

ピッキオ
井上

 
ページトップへ